会社名を決める方法

会社名を決める方法

会社を設立する!と決めたら、まず考えるのは「どんな名前の会社にしよう?」ということではないでしょうか。

自分の名前から取る、業務内容と関係させる、社名からくるイメージを大切にする、誰にでも分かりやすい名前にするなど、決め方はそれぞれでいいと思います。

大切なことなので、じっくり考えて、周りの意見も聞いてみるといいですね。

会社名を決める際の決まりをご説明します。

1 株式会社、合同会社などを最初か最後に付けます。有限会社は、現在は設立できません。

2 文字は、ひらがな、カタカナ、漢字、ローマ字、数字は使用可能、記号は、& ‐(ハイフン) ’ , ・ . が使えます。

3 ○○支店、○○支社 ○○部門 など、会社の一部であるかのような言葉はつかえません。

4 同一住所に、同じ会社名がある場合は使用ができません。同一の住所ではなくても、全く同じ名前の会社名が近くにあると分かりにくくなってしまうので、調査してから決定するようにしましょう。法務局のオンライン登記情報検索サービスや、国税庁法人番号公表サイトが利用できます。

上記の決まりを守りながら、会社の顔となる名前を考えてみてください。

YOSHIE ITO

コメントは受け付けていません。