会社設立にはいくら必要か

会社設立にはいくら必要か

よく、資本金はいくら準備すればいいですか?と、ご質問をいただきます。

現在の会社法では、資本金は1円から設立できることになっています。実際に、1円で立ち上げました!という会社もあるようです。

しかし、資本金というのは、開業後の資金になりますし、取引先やお客様から見たときには、どの程度の規模の会社かという指標にもなります。それから、銀行から融資を受ける際も借りられる額に関係してくるので、少なすぎるのも良くないです。

新規立上げの会社であれば、300~500万位が一般的かなと思います。

資本金は、設立の際に銀行に預入しますが、設立が完了したら引き出して大丈夫です。

資本金の他に設立時にかかる金額は、トータルで25~30万程度見込んでおけば良いでしょう。

当事務所にご依頼頂くと、ご自分で手続きするより安く法人が立ち上げられます。

興味のあるお客様は一度お問い合わせください。

YOSHIE ITO

コメントは受け付けていません。