MENU

出張封印サービス

普通車の出張封印

陸運支局に行かずに封印を取付ける 出張封印

出張封印とは、弊社がお客様に代わって宮城運輸支局で自動車を登録し、新しいナンバーと封印を持ってご希望の場所にお伺いし、ナンバー(封印)を取り付けるサービスです。

宮城運輸支局で自動車登録し、県外の行政書士と連携し県外にてナンバー取付も可能です。

封印する場所は、お客様ご指定の場所になりますので、ご自宅、ディーラー様店舗、会社の駐車場、どこでも問題ありません。弊社スタッフがお伺いし、取付を行います。

陸運支局の営業時間に合わせて、平日の昼間仕事を休まなくていいのは大きなメリットです。
宮城県内だけど、陸運支局(仙台)から遠方の人にもうれしいですね。

丁種出張封印が対応できる範囲

行政書士法人である弊社が対応できるのは、自動車業務に精通した行政書士に認められている「丁種」出張封印です。
※弊社が封印の払出を受けることができるのは宮城の封印のみとなります。

宮城県で「丁種」以外の封印権を持っているディーラーさんや、封印権を持つJU加盟店さんが販売した車に封印の取付はできません。

反対に、宮城県以外で封印権を持っていても宮城県では持っていないディーラーさんが販売した車は、新車でも中古車でも封印取付できます。
もし封印可能かどうか心配な場合は事前にご相談ください。

新規登録、移転登録、変更登録、番号変更等、ほとんどすべての手続きに対応可能です。
例えば…

  • ディーラーさんが他県から宮城県内に自動車を販売した場合
  • 他県から宮城県内に引っ越しをした場合
  • 他県のディーラーさんが宮城のお客様に自動車を販売した場合
  • 宮城県のディーラーさんが他県のお客様へ自動車を販売した場合

つまり、車を運輸支局に持ち込むことなく自動車登録が可能です。陸送するより費用がおさえられ、スケジュールにも余裕が生まれることから、ニーズが高まっています。

宮城県内の登録と出張封印を依頼した場合の料金例

項目金額(税込み)
検査登録印紙    500
自動車重量税  実費
自動車税種別割実費
自動車税環境性能割実費
ナンバー代1,600
当事務所報酬(移転登録+出張封印)17,600
合計19,700+実費分

宮城県外の登録(県外ナンバーの取寄)と出張封印を依頼した場合の料金例

項目金額(税込み)
検査登録印紙    500
自動車重量税  実費
自動車税種別割実費
自動車税環境性能割実費
ナンバー代1,600 ※支局によります
当事務所報酬(県外移転登録手配+出張封印)22,000
往復送料実費
合計24,100+実費分

ご依頼の際の注意点

  • 出張封印のみの手続きはできません。出張封印は、必ず登録手続きとセットになります。
  • ナンバーは後返納も可能ですが、登録後2週間程度で返納する必要がありますので、なるべく登録前に弊社へお送りいただくことをおすすめいたします。
一般貨物自動車運送事業

丁種出張封印再々委託

丁種出張封印再々委託といっても何のことを指すのかわかりにくいですね。
これは登録を担当する行政書士(丁種封印権あり)が他の行政書士(丁種封印権あり)に出張封印を外部委託することができる制度です。

これを利用することで、他県でも宮城県の封印の取付が可能となります。

  1. 弊社が登録と宮城県の封印玉を払出し、提携行政書士に送る
  2. 他県の行政書士が封印・ナンバーを受取、指定場所で出張封印を行う

またそれとは逆に他県の行政書士と連携することで他県の封印を取寄せすることも可能となっています。

  1. 他県の行政書士が登録と他県の封印を払出し、弊社に送る
  2. 弊社にて封印・ナンバーの受取、宮城県内の指定先で出張封印を行う

2023年1月現在、以下の都道府県の出張封印対応実績があります。

全国対応実績

【北海道】北海道
【東北】青森県、秋田県、岩手県、宮城県、山形県、福島県
【関東】埼玉県、茨城県、東京都、神奈川県、千葉県、栃木県、群馬県
【中部】静岡県、愛知県、岐阜県、福井県、新潟県、長野県、山梨県、富山県、石川県
【近畿】大阪府、兵庫県、京都府、滋賀県、奈良県、三重県
【中国】岡山県
【四国】香川県、愛媛県
【九州】福岡県、熊本県、佐賀県、宮崎県、鹿児島県
【沖縄】沖縄県

県外の封印の取寄を依頼したい自動車販売店様や、宮城県で出張封印を行う行政書士を探している行政書士事務所様は、ぜひ外注先としてWith.行政書士法人をご検討ください。

出張封印は運送事業者様からの依頼が多い!?

出張封印は自動車販売店様のみならず、運送事業者様からのご依頼が多くあります。

運送事業者は車両(トラック)を購入したときだけでなく、白ナンバーから緑ナンバーへ変更する際、またその逆に緑ナンバーから白ナンバーに変更する際など、ナンバーを換える機会が多いのです。

出張封印が運送事業者様から大好評な理由3選

  1. 平日の昼間、登録手続きのために業務をストップしなくていい
  2. 一台ずつ陸運支局に持ち込みしなくていい
  3. 増車、減車の手続きもWith.行政書士法人に任せられる
平日の昼間、登録手続きのために業務をストップしなくていい

登録手続きから弊社で承るので、登録のために一日運送をストップして車を持ち込む必要がありません。
ナンバー取付はお客様指定の場所で、都合のよい時間に可能なので、一日の業務を終えて帰ってきてからナンバー交換することができます。

一台ずつ陸運支局に持ち込みしなくていい

従来は陸運支局の封印場所でしかナンバー交換できなかったので、所有のトラックを全て白ナンバーから緑ナンバーにしたい場合は、何度も駐車場と支局を往復して一台ずつ取付していました。
出張封印を利用すれば、一気にすべて登録して、一か所でまとめてナンバー交換が可能です。
実際に、白ナンバーのコンクリートミキサー車8台を2時間程度で緑ナンバーに一括変更したことがあります。

増車、減車の手続きもWith.行政書士法人に任せられる

増車、減車などのたびに発生する運送業にまつわる手続きは煩わしいものですが、With.行政書士法人では運送業の新規立ち上げ経験も豊富ですので、自動車に関する手続きは全てお任せいただけます。
運送業に関わる申請や届出の中には、思ったより時間がかかる手続きもありますので、早めにご相談いただけるとスムーズに対応が可能です。

お問い合わせ先

ご相談やお見積依頼は、電話もしくはお問い合わせフォームからお願いいたします。