システムの利用料金

1 技能者登録料

建設キャリアアップカードの発行に必要となる料金です。
カード有効期間は発行日から約10年(申請時60歳以上の方の有効期限は15年)

技能者一人あたり 4,900円(詳細型登録の場合)
技能者一人あたり 2,500円(簡易型登録の場合)

申請時60歳以上の方は令和5年(2023年)3月末まで、2,000円。
紛失・破損・書換が必要な場合は、再発行料として1,000円がかかります。

2 事業者登録料

資本金ごとの事業者登録料は以下の通りです。(令和2年10月、料金改定後の金額を記載しています。)登録の有効期間は5年間です。

一人親方は事業者登録料が無料です。一人親方以外の個人事業主は、資本金500万円未満の事業所と同額の6,000円になります。

       資本金新規登録料・更新料   
500万円未満6,000円
500万円以上1,000万円未満     12,000円
1,000万円以上2,000万円未満24,000円
2,000万円以上5,000万円未満48,000円
5,000万円以上1億円未満60,000円
1億円以上3億円未満120,000円
3億円以上10億円未満120,000円
10億円以上50億円未満480,000円
50億円以上100億円未満600,000円
100億円以上500億円未満          1,200,000円
500億円以上2,400,000円





3 管理者ID利用料

管理者ID一つあたり  11,400円/年間
一人親方の場合     2,400円/年間

管理者ID使用料として、1IDにつき年間11,400円かかります。
有効期間は取得・更新から1年間となっています。
管理者IDの取得により、事業者情報の管理、現場の登録、技能者情報の閲覧、帳簿出力が可能になります。

新規登録時の管理者ID支払いのタイミングは、事業者IDが発行されたあとになり、利用料を支払わないと利用停止になってしまうので注意が必要です。

なお、一人親方の管理者ID利用料は、2,400円です。
施工体制を作成する際に、現場管理者として登録されたIDについては管理者ID利用料がかかりません。

4 現場利用料

現場利用料として就業履歴回数1回につき10円(年単位で支払)がかかります。現場利用料は、元請け事業者のみ対象です。
システムにおいて現場・契約情報を登録した事業者(元請事業者)に対し、その現場での技能者就業履歴情報の登録回数に対する利用料金であり、一定期間ごとに清算が必要になります。

計算例
20 人の技能者が50 日就業した場合  20人×50日×10円=10,000円
同一現場で朝と昼休み後に2回入場  1人日×1現場=10円
午前と午後で同一元請の別現場に入場  1人日×2現場=20円

IDの更新について

管理者IDの有効期限は一年間ですが、有効期限が近づいてくるとIDごとに更新意思確認が実施されます。更新の意思表示をしたIDについては、請求書が発行され、また一年間の有効期間で使用可能です。なお、最初の1IDは事業者登録を抹消しない限り更新意思があるものとして扱われます。

請求書は、登録責任者宛てに発送されますが、払込票が届くのではなく、振込となることに注意が必要です。(令和3年4月現在)