養育費不払い 財産特定

改正民事執行法が成立し、養育費の不払い者の財産情報について、裁判所が金融機関や行政に照会できるようになるとのこと。

支払義務者の口座や、勤務先情報が分かれば、差押えできる可能性が高まります。

これまでは、公正証書を作成しても支払い義務者が不払いのまま逃げ得することがありました。強制執行をかけても、相手の金融機関がどこにあるかは、請求する側が示さないといけなかったからです。

養育費は子どもの権利ですので、しっかり守られて欲しいです。