法人成りとは?

法人成りとは、個人事業を営んでいる人が、法人を作って、その法人に事業を引き継ぐことです。
おもに、事業の規模を拡大したいときに法人成りしますが、法人成りにはどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

法人成りのメリット

1.社会的信用が増大する
社会的信用が増大するのは、事業を拡大するうえで大きなメリットです。

法人になることで社会的信用が増しますので、新しい販路拡大や顧客の獲得、銀行からの借り入れ等に有利に働くことが多いです。

2.税の軽減
事業主の収入は事業所得、法人の役員は役員報酬です。
例えば…事業所得が1,000万円で、扶養人数2人、国民年金、国民健康保健が年に50万円(所得控除164万円)として計算すると
個人事業の場合(事業所得) 法人の場合(給与所得)
所得税額 134万円      法人税額 7万円
住民税額 78万円      所得税額 90万円
事業税額 36万円      住民税額 52万
合計 248万円       合計 149万円
あくまでも試算ですが、年間約100万円も節税効果があることになります。
一般的には、年間所得600万円から700万円くらいであれば、法人成りした方がメリットがあると言われています。

3.生命保険料が経費になる
4.旅費規定の活用による節税
5.資本金1,000万円未満なら2年間消費税免税
6.退職金規定の活用による節税
7.社会保険加入などにより、従業員に長期に高度人材の確保が可能

法人成りのデメリット

1.交際費限度額あり
2.記帳・経理業務の煩雑化
3.社会保険料の負担発生
4.赤字でも税金(均等割約7万円)が発生

メリット・デメリットは以上のことが挙げられます。

節税対策も大切ですが、事業の規模や今後の見込み等をトータルに考えて決める必要があります。
判断に迷う場合はご相談ください。

法人成りの手続きは、基本的には一般の法人設立と同じですが、
個人事業廃止の手続きも必要になります。
当事務所はセットで対応いたします。
また、法人成り後の会計記帳や融資申込のご相談も承ります。