内容証明郵便とは

内容証明郵便とは、どんな内容の手紙を、いつ出したかと言うことを郵便局で証明してくれるものです。
同じ文面の手紙を3通作って郵便局に差し出すと、郵便局では、
一通を郵便局に証拠として保管し、
一通を相手方(受取人)に送り、
一通を差出人の控えとして返却します。
これにより、その手紙の「内容」と「出した日」が郵便局によって証明されるため、 簡単かつ確実に証拠を残しておくことができます。

内容証明郵便を利用すると有利な場合

消滅時効の迫った貸金の請求の通知
通知の日付が特に重要な意味を持つ場合
クーリングオフの通知

心理的に圧力をかけたり、相手の出方をうかがう場合
貸金請求や売掛金請求の通知
損害賠償の請求
類似商号使用差し止めの請求
著作権の侵害に対する警告

確定日付のある証書による通知が必要な場合
債権譲渡の通知

その他
契約解除の通知
賃貸借契約更新拒絶の通知
債権放棄の通知
契約無効確認の通知
離婚届不受理の申し出
内容証明郵便に対して返事を書く場合

などが挙げられます。

証拠として効果を持たせるためには、
権利義務や法律的な要件を満たして作成する
必要があります。