このページの記事
1 技能者情報と事業者登録の関連付け
2 カードを持っている技能者が入社したとき
  技能者情報に変更があったとき
3 事業者情報に変更があったとき

1  所属技能者の情報が、事業者の情報と関連付いていない場合

建設キャリアアップの技能者情報と事業者情報がうまく関連付けされないと、事業者の画面では技能者の情報が確認できません。

これは、キャリアアップに情報を登録する際に、事業者IDを抜いて入力してしまったり、先に技能者登録を完了した場合に起こり、関連付けするには「変更申請」をする必要があります。

「変更申請」するには、技能者本人が申請する方法と、所属事業者が、技能者の代わりに申請する代行申請の2つのやり方があります。

技能者が変更申請する方法

技能者本人が関連付けする場合には、本人の技能者IDでログインしたあと、技能者ページから変更申請を行います。

事業者が技能者の代行申請する方法

技能者の所属する事業者が、技能者の代わりに変更申請する場合は、まず事業者から技能者に「変更申請したいので同意してください」という依頼をします。(代行申請同意依頼)
技能者が同意すると、事業者は情報を変更することが可能です。

技能者と事業者の関連付けは、技能者の所属する事業者情報を新しく登録する作業と同じになるので、社会保険の情報等をアップロードしなければなりません。

2 カードを持っている従業員を雇用した場合

建設キャリアアップカードを保有している(システムにすでに情報が登録されている)従業員を雇用した場合は、上記と同じように変更申請をして、所属事業者を変更することになります。

技能者の情報に変更があった場合

技能者の住所や姓、連絡先等に変更があった場合も、技能者本人が変更申請するか事業者が代行して変更申請することが可能です。

保有資格の追加があった場合や、新規登録の際に登録し忘れた情報があった場合は、資格証などの必要な添付書類をアップロードして申請を完了させます。

3 事業者情報の変更

建設キャリアアップに登録した事業者情報を変更したい場合は、「事業者ID」と「パスワード」を使用してログインしたあと、変更申請をおこなうことができます。

ただし、建設業の許可を取得している事業者が本店の所在地や代表者等、国交省に登録されている情報を変更した場合は、許可を取得した県や地方整備局に変更届を出すのが先になります。
国交省のデータベースが変更されるまで1~2か月程度時間がかかるようです。